くりおさん

 

作者フジモリが、何気なく書いた落書きから生まれました。
今でこそ『くりおさん』と似たキャラクターは沢山あるが、まだ周りに似たキャラクターが、全くない時に人の真似をしてみたり、かわいいキャラクターを作るぞ!と、ねらって出来たモノでももちろんなく、自然とポコンと生まれて来たくりおさん。

ステーショナリー、キャラクターブック、雑貨など様々な分野で商品化され、現在では「BON te」(ゴマブックス)にて、連続掲載している。

その昔『くりおさん』の文房具を使っていた小学生はもう大人になっている事でしょう・・。「くりおさん」は14年間も色んな形で、世の中に出てフジモトマリと共に進化しながら自由に生き続けているロングライフなキャラクターです。

©フジモトマリ

 

フジモトマリ

1995年からステーショナリーメーカーでキャラクターデザインを手がける。その後フリーのイラストレーターと して独立。

メーカー時代から商品化され、固定ファンを持っていた『くりおさん』が2002年出版社の編集長の目に止まり絵本作家としてデビュー。

キャラクターブック『MOCA』に連載、その他の出版物にも掲載され、その後商品化なども展開。

現在は、出版イラストなどを手がける傍ら、「BONte」ゴマブックスでの連載、2007年からは企業キャラクターの開発なども手がけている。